隼人浜下り

(JST) 更新 / (JST) 公開

10月の第3土曜日、鎧兜(よろいかぶと)などを着た御神幸行列(ごしんこうぎょうれつ)が鹿児島神宮から浜之市港(はまのいちこう)まで練り歩く伝統行事「隼人浜下り (はやとはまくだり)」が行われます。単に「浜下り (はまくだり)」と呼ばれたり、「きりしま隼人浜下り」と書かれていることもあります。

浜之市の八幡屋敷では、ステージでの出し物や飲食等の出店(しゅってん)があります。放生会(ほうじょうえ)の後には、浜之市の港で、もちまきも行われます。

2020年の開催日

過去の開催日

  • 2019年10月20日(日) 9:00~18:00 (すでに終了)
  • 2018年10月21日(日) 9:00~18:00 (すでに終了)
  • 2017年10月15日(日) 9:00~18:00 (すでに終了)

基本情報

名称隼人浜下り
開催日10月の第3日曜日
開催時間9:00~18:00
開催場所鹿児島神宮、鹿児島神宮から浜之市港、八幡屋敷
住所鹿児島県霧島市隼人町内2496番地1 (鹿児島神宮)
主催者きりしま隼人浜下り実行委員会
電話番号0995-42-0020 (鹿児島神宮社務所)
ウェブサイトhttps://kagoshima-jingu.jp/gyouji.php
駐車場有り (鹿児島神宮(無料)、八幡屋敷近く(無料))
利用料金入場無料
隼人浜下り 鹿児島神宮境内での神事 (出発前)
鹿児島神宮境内での神事 (出発前)
隼人浜下り 隼人塚神事
隼人塚神事
隼人浜下り 子ども鉄砲隊
子ども鉄砲隊 – 途中、「チェスト」という掛け声とともに、子ども鉄砲隊がおもちゃの鉄砲を撃ちます。
隼人浜下り 八幡屋敷ステージ
八幡屋敷ステージ
隼人浜下り 八幡屋敷会場
八幡屋敷会場
隼人浜下りのコース
隼人浜下りのコース
隼人浜下り 浜之市・八幡屋敷・駐車場
浜之市・八幡屋敷・駐車場
隼人浜下りをお知らせする路上案内板 (隼人塚前)
隼人浜下りをお知らせする路上案内板 (隼人塚前) より
隼人浜下りをお知らせする横断幕 (隼人塚前)
隼人浜下りをお知らせする横断幕 (隼人塚前)

浜下りの流れ

※ 2017年開催のスケジュールです。

9:00神事 (鹿児島神宮にて)
9:30召し立て (鹿児島神宮にて)
10:00お下り出発 (鹿児島神宮を出発)鹿児島神宮に集まった御神幸行列参加者は、神事の後、鹿児島神宮を出発します。
大鳥居を通り、交差点を右に曲がって、隼人駅の前の道路を通り、隼人塚を目指します。
10:45隼人塚到着
神事・隼人舞 (隼人塚にて)隼人塚では、神事が行われ、隼人舞が奉納されます。
11:45隼人塚出発隼人塚を出て、浜の御旅所を目指します。
先導する自動車がスピーカーで御神幸行列通過をアナウンスすると、近所の方々が出てきて、お賽銭をしたり、切麻を拾ったり、写真を撮ったりします。
伽藍神社通過
熊野神社通過
12:50八幡屋敷到着浜の御旅所に着くと、神事が行われます。
14:30放生会(ほうじょうえ) (浜之市港にて)お昼休憩をはさんで、浜之市港で放生会が行われ、鯛などの魚が放たれます。
その後、もちまきがあります。
(浜下りは終わり、御神幸行列参加者は、バスで鹿児島神宮に戻ります。)

放生会

浜下りの最後には、浜之市港で鯛などの魚を海に放つ、放生会(ほうじょうえ)という儀式があります。

浜下りのチラシには、「放生会は、豊漁・豊作を祈念して、浜の市えびす様前で鯛の放流をし、生命の再生を願い海の神・山の神に感謝するお祭りです (浜下りチラシより)」とあります。

ステージプログラム・八幡屋敷神事

八幡屋敷には、ステージが作られ、様々な出し物があります。

※ 2017年開催のプログラムの概略です。

時間種目・演題
10:00開会 挨拶 (浜之市委員長)
ダンス、遊戯、組体操 (こども園 園児)
10:30舞踊、レクダンス、ラウンドダンス、民謡
11:00日本舞踊、民謡、舞踊、レクダンス
11:30舞踊、カラオケ、レクダンス
12:00郷土芸能、サックス演奏
昼食
12:30御神輿行列入場
神事 (八幡屋敷)
市長挨拶
※ 錦江漁港へ移動
14:30放生会(ほうじょうえ)・神事 (隼人港にて)
郷土芸能 (魚とい踊り)
振る舞い餅 (錦江漁協青年部)
後片付け
18:00直会(なおらい) (錦江漁協会館にて)

歴史

隼人浜下りは、720年 (養老4年) 頃、隼人族の霊を慰めるために始まったといわれます [1]。

浜下りは、720年頃から、1,300年にわたって行われていましたが、1934年 (昭和9年) で途絶えてしまったといわれています。この歴史と伝統ある行事を20世紀のうちに復活させたいと願う有志が、伝統行事の伝承と地域の活性化を目的に西暦2000年、65年ぶりに復活させ、現在に至ります。

浜下りの古い石碑

浜下りのコースの途中には、民家の角に浜下りの古い石碑があります (上の写真)。石碑には「延享四」と彫られています。延享四年は、西暦1747年です。

石碑横の案内板には、次のようにあります。

「このあたりは鹿児島神宮 (大隅正八幡宮) の浜下りの神輿が休んだ所といわれ、昔は大きな松が立っていました。この石碑はその松の所にあったといわれるものです。浜下りのコースを今に残す貴重な石碑と考えられます。」

霧島市教育委員会設置 浜下りの石碑横案内板「浜下り神輿お休み所の碑」より
浜下り神輿(みこし)お休み所の碑
浜下り神輿(みこし)お休み所の碑 – 場所は、浜下りのコースの地図に記載

7つの言い伝え

隼人浜下りには、7つの言い伝えがあります。

  1. 猿田彦に頭をなでられると、賢くなる
  2. 甲冑武者に触れると、子どもたちが健康になる
  3. 切麻(きりぬさ)を拾って帰ると、交通安全のお守りになる
  4. 行列の馬の馬糞を踏むと、足が速くなる
  5. 神楽座の太鼓が鳴り響くと、豊作に恵まれる
  6. 鉄砲隊に触ると、子宝に恵まれる
  7. 召し立て役の黄金の杖に触ると、金運に恵まれる

駐車場

浜之市・八幡屋敷

浜之市・八幡屋敷近くに駐車場があります。無料です。

鹿児島神宮

鹿児島神宮には、広い駐車場があります。無料です。

参考文献

[1] 霧島市役所 (2013年).鹿児島神宮隼人浜下り, 霧島市役所・秘書広報課, 広報きりしま September.2013 VOL.173, 霧島市役所, 表紙.

参考資料

  • 隼人浜下りのチラシ